東京オリンピック - 心惹かれるままに

心惹かれるままに

東京オリンピック  



何年か前までは10月10日が体育の日でした。
何故10月10日が体育の日となったかというのはご存知の方も多いと思いますが
1964年の東京オリンピック開会式の日を記念してのことですね。

この開会式をテレビで見ていましたがとても感動したことを覚えています。
あれ、まだ生まれてなかったのにどうして覚えているんだろう・・・
な~んて言うと年齢詐称か^^;

その時に聴いた開会を告げるファンファーレと
古関裕司作曲の入場行進曲が素晴らしくてその後もずっと耳に残っています。







2020年のオリンピックが東京に決まったとき
関係者は大喜びしていましたが
僕はなんとなく不安を感じました。

オリンピックといえば世界一の大イベントですから
それが開催できることは素晴らしいとは思うのですが
今の東京で問題なく開催できるのかと・・・

その後新国立競技場建設やエンブレム等
次々と問題が発生し不安が現実のもとなってきました。

国が一つの価値観でまとまれた1964年当時と
今は世の中の状況がかなり違うように思うのですが
オリンピックが東京で行われることが決まってから
多くの若者が夢を与えられたことも事実です。

2020年、僕はもう東京にはいないと思いますが
無事に開催されることを祈る気持ちで
見守りたいと思います。

category: 未分類

thread: オリンピック総合 - janre: ニュース

tb: --   cm: --